『HARVEST FESTIVAL 2020』予選競技説明

 予選は1課題3分のベルトコンベア方式で、1ラウンド2課題の2ラウンド計4課題で競います。

 順位は課題の完登数・ゾーン数・完登にかかったアテンプト数・ゾーン獲得にかかったアテンプト数の順で順位付けを行います。

 オブザベーションタイムは競技時間の3分に含まれます。

 スタートは4点スタートとなります。

 課題はDIVISION3は水色テープ、DIVISION2は橙(オレンジ)テープ、WOMEN DIVISION1は緑テープ、MEN DIVISION1は青(紺)テープで示されます。

 スタートの4点は各色のテープの上に赤テープで示し、ゾーンホールドには『ZONE』マークで、TOPホールドは『TOP』マークで示します(※例となるテープの貼り方をアップエリアに示しておきます)。

 基本的なルールはIFSCの競技規則に準じます。ゾーン獲得時は初回のみ審判がコールします。完登時は審判のコールがあるまでTOPホールドを両手保持してください。

 ゾーンを獲得したと思ったのにコールが無かった場合など、ジャッジに対しての抗議・確認がある場合はその場で行ってください。競技終了後の判定に対する抗議は受け付けません(集計に対する抗議は集計結果発表後に一定時間受け付けます)。

 選手は競技開始の10分前ぐらいになりましたら、ジムの前の外壁のあたりに待機していてください。競技開始3分前になりましたらジム内のクライミングエリア入り口の待機場所へ移動していただきます。各ラウンド1課題目が終了したら待機場所へ戻っていただきます。この時、1課題目トライ前の選手と一緒に待機となりますので会話はしないでください(待機中はマスクの着用もお願いします)。

 前の競技者の競技終了のブザーと同時に次の競技者の競技者の競技開始となります。ブザーが鳴りましたら速やかに入退場を行ってください。

 各ラウンド2課題目が終了したらジムから退場してください。1ラウンド目終了時は再び待機エリアを利用していただけます。2ラウンド目終了後は待機エリアへは戻れませんので、競技結果が出るまでは近隣の施設等でお過ごしください(2ラウンド目への移動時は待機エリアに荷物を全て持ち出してください)。

 決勝進出者の集合時間は予選競技結果に記載します。決勝進出者は各カテゴリーの予選終了後、待機エリアおよびアップエリアを利用することができます。